フラット35審査の基礎知識

フラット35の審査

待つ

フラット35住宅ローンを借りる際の審査について様々なことが言われています。

 

フラット35は民間の金融機関の住宅ローンよりは審査が甘いといった意見もあれば、逆に厳しいといった意見もあり、実際のところはどうなのかを知りたいという方も多くいらっしゃるはず。

 

これはフラット35がひとつの銀行の住宅ローン商品ではなく、住宅金融支援機構と金融機関が共同で提供している住宅ローンであるという特有の状況から生まれたことなのです。

 

フラット35の技術基準や基本的な条件はどの金融機関も同じなのですが、審査に関してはそれぞれの金融機関によって違いが出てきます。

 

手数料や金利が銀行によって異なるフラット35ですから、審査についても異なる部分が出てくるのです。

 

そのため、一定の基準を満たしている場合にはフラット35の審査は甘いとも言えますが、逆にある一つの基準を満たしていない場合には他の住宅ローンでされるような総合的な判断はされず、一律で審査に落ちるということになり、厳しいという判断がされることにもつながるのです。

 

こういった事情をしっかりと把握してフラット35の審査に対する対策をきちんと取っておくことが審査に通るために重要になってきます。

 

ここではフラット35審査に関するそういった知識を身につけるために、まずは基本的な項目からご紹介していきます。

 

フラット35審査にかかる期間や日数、審査基準、勤続年数や年収など知っておきたいポイントをご案内していきます。

フラット35おすすめランキング!【2018年10月最新版】

サムネイル
  • フラット35の最低金利
  • 融資事務手数料・諸費用最安水準
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35で返済総額が安い
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最低水準の低金利が魅力
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料は最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


フラット35審査の記事一覧

フラット35は新築・中古住宅どちらでも利用することができます。とくに建築費・購入費に多額の費用がかかる新築の購入において大きな魅力を発揮してくれるでしょう。最長で35年間、固定金利で返済することができるため、金利の変動リスクを気にすることがない状態で毎月確実に返済をしていくことができます。先行きの見えない経済状況、さらに低金利が続いている現在において最適な住宅ローンの選択肢とも言われています。そん...

フラット35の最大のポイントは長期間に渡る固定金利での返済が可能になっている点です。通常の住宅ローンでは一定期間の固定金利を採用し、その期間が過ぎると改めて金利が見直されるか、変動金利にするかの選択が求められています。ですから金利変動による利息の増加などのリスクがつきまとうわけです。しかしフラット35なら契約当初の金利のまま最長35年間に渡って固定され、返済を続けることができます。これによって契約...

フラット35は民間と住宅金融支援機構によって提供されている長期固定ローンです。住宅ローンである以上、利用する際には審査をクリアする必要があるわけですが、その際には一般の金融機関によるローンの審査とは若干異なる点が見られます。どのようなローンであれ、まずは返済能力があるかどうかが審査における最大のポイントとなってきます。この点はフラット35も、他のローンにも違いはありません。しかし返済能力を確認する...

住宅金融支援機構と民間企業の提携によって提供されているフラット35。最大で35年間、固定金利で融資を受けられるのが最大の特徴で、超低金利時代と言われている現在において非常に注目を集めているローンとなっています。住宅ローンを利用したい人にとっては必ず検討する価値のある選択肢ともいえるでしょう。このフラット35は審査に通りやすく、利用しやすいとも言われています。必ずしも通常の銀行ローンに比べて審査が甘...

新築・中古を問わずに住宅の購入に利用することができるフラット35。その最大の魅力はなんといっても長期間に及ぶ固定金利です。最長で35年間、金利を固定したまま返済を行うことができます。つまり、その後の金利の変動リスクを気にする必要がなく、毎月決められた金額を返済していくことができるのです。不安定な経済状況で金利の動向が不透明になっている現在において非常に安定した資金調達手段として人気を集めています。...

フラット35も他の住宅ローンと同様、審査をクリアしてはじめて融資を受けることができます。ですから申し込む際にはできるだけ審査に通りやすい状況にしておく必要があります。収入や職業、あるいは勤続年数などがとくに重要なポイントといわれていますが、そのほかにも建物の価値や設備・状況、さらに申込者の信用情報も審査における重要なポイントです。これら審査の基準の中でも比較的事前に調節しやすいのが信用情報です。具...

住宅ローンを利用する際に大きな問題となるのが年齢です。とくに長期間のローンを組む場合にはできるだけ年齢が若いことが求められます。20年、30年と返済を続ける場合、年齢によっては途中で定年退職をするなど収入の手段を失うケースも考えられるからです。マイホームは40歳までに購入した方がよいといわれるのもこのローンの返済期間と年齢との兼ね合いが重要なポイントとなってきます。通常の銀行ローンでは60歳くらい...

フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関の共同によって提供されている住宅ローンです。住宅金融支援機構が参加することによって長期間の固定金利という魅力的な内容が実現しているのです。最長で35年間、金利が変動することなく返済することができるため、あらかじめ返済額を計算したうえで計画的に返済していくことができ、現在の低金利のメリットを最大限に受けることができる点が大きな魅力となっています。このフラ...